まじめな出会いをアシストする恋愛EDDA

彼氏・彼女が欲しい方、婚活がしたい方向けに、まじめな出会い系サイトを紹介しています。恋愛に奥手な人にもピッタリな真面目な出会い系サイトをアシストしていきます。

使った分だけ支払うポイント制と一定額支払う定額制

2013年1月28日 | Comment

有料出会い系サイトというのは大別して2つに分けることが可能です。
それがポイント制のサイトと定額制のサイトだと言えます。

ポイント制の有料サイト

サイトを活用する際に必要なポイントをお金で購入します。
プロフィールを見るのにいくら、メール交換にいくらをポイントは決まっています。
大抵のサイトが10円で1ポイントとなっています。

ポイント制のサイトはサイトを活用する前にポイントを購入することになります。
面倒だと思う人も存在すると思いますが、その方が事前に利用料金を自分で定めることが出来るのでその点がメリットだと思います。
先払いなら使いすぎを押さえることが出来るのでそれがポイント制の出会い系サイトのメリットなのです。

後払いの場合は自分がどれくらいのポイントを使用したの把握するのが困難です。
携帯電話の料金に当てはめると理解しやすいと思います。
「今月のこんなに携帯使ったっけ?」と驚いた経験は大抵の人があると言えます。

ですがポイント制なら最初に〇〇円分のポイントを買い、後から余裕があるので追加で購入しようとか今月は止めておこうと自分で決めることが出来ます。
計画してサイトを活用することが出来るのがメリットなのです。

運営会社はサイトを活用してもらうとその分利益となるので会員はきちんと料金システムを知っておく必要があるのです。
サイトを使い過ぎないように気をつけましょう。

欠点を挙げるとポイントの購入しポイントが付加されるのにタイムラグがあります。
女性とのメール交換の途中でポイントがなくなるといい流れを断ち切ることになります。
そんな失敗をしないように心がけましょう。

ポイントを切らして失敗しない為にサイトによっては後払いのポイント制のサイトも存在します。
あと決済にはクレジットカードを使用したら、即座にポイントが追加出来るところもあるのです。

それならメール交換で間をあけて勢いに水を指すことはなくなります。

定額制の出会い系サイト


定められた一定金額を支払うとサイトを自由に活用できることが出来る出会い系サイトの課金システムだと言えます。
ネットのプロバイダーなどを当てはめると理解しやすいかもしれません。
ネットをどれだけ活用しても毎月一定の金額での請求となります。

大抵は無料出会い系サイトを活用することが出来るのですが、無料で活用できる一般会員。
さらにワンランク上のサービスを活用できるプレミアム会員として定額〇〇円とい風に活用できるサイトがほとんどです。

回線の安定、マッチング機能、他にもコミュニティサイトに登録することで出会いの可能性が大きくなります。

定額制の利点はなんといっても一定金額支払えば使いたい放題という点です
毎月一定金額支払うと予定を立てやすいのでその安定性がメリットだということが出来ます。
考え方としては料金さえ支払ったらあとは無料サイトと同様に使用することが可能です。

そんな風に定額制のサイトは会員からの利用料と広告費の両方でサイトを運営しています。
他にも別に有料動画を配信して収益を得ているサイトも存在します。

■欠点
定額制のサイトの欠点はとくにありません。
どれだけサイトを活用しても料金は一定なのです。
しかしあまりサイトを活用しない人は別に無料会員でも機能的に問題ないのならわざわざ有料のサイトに申す込む必要はありません。

有料サイト活用にて気をつける点

エッチな出会い系サイトだと動画・画像を見たら大量のポイントが消費されてしまいます。

あとポイント制のサイトの場合注意しないといけないのがサクラです。
サクラは魅力的な内容やエッチな内容のメールを送信してきます。

あと男性なら速攻連絡をしたくなるような魅力的な画像が一緒に送られてくるのです。
そんなメールに騙されて何度もメールのやり取りをしてしまう男性が大勢います。

男性は性的な誘いに簡単に乗ってしまう生き物なので注意しなくてはいけません。
プロのサクラに騙されて大量にポイントを消費しないように気をつけましょう。
中でも決済をクレジットカードで登録している人は気をつけてください。

ポイントの購入もとても簡単なのでついつい嵌ってしまい高額の請求が届くことになるのです。
ポイントを購入するのは自分自身の決断です。
だから、後悔しない為にもきちんとコントロールする必要があります。

あとポイントが後払いのサイトはとても危険です。
後払いの場合ポイント付加時にタイムラグが存在しないのはメリットだといえます。
しかしきちんとポイントを管理しないとついつい使いすぎてしまいます。

他にも先払いより後払いの方がポイント料金が高い場合が多いのです。
相手の言うがままにポイントを購したらより高額の請求になってしまう仕組みです。

仮に払期限に料金を支払うことが不可能な場合は追徴金まで追加されます。
だからポイントを購入する際には冷静になりよく検討する必要があるのです。