まじめな出会いをアシストする恋愛EDDA

彼氏・彼女が欲しい方、婚活がしたい方向けに、まじめな出会い系サイトを紹介しています。恋愛に奥手な人にもピッタリな真面目な出会い系サイトをアシストしていきます。

無料と有料サイト、その使い分けとは?

2013年1月28日 | Comment

出会い系サイトを介して出会いを見つける場合に無料サイトと有料サイトのどちらがいいか迷ってしまいます。
どのサイトにもメリットとデメリットが存在するので、選ぶのは大変です。
なのできちんと双方の相違点を理解する必要があります。

無料出会い系サイトの場合は活用する際に料金は発生しません。
登録もメール交換も全部無料で出来るのが特徴だと言えます。
そしてサイトは広告収入で運営されているのです。

だから会員数がとても多いのが無料サイトの特徴だと言えます。
この点は無料で活用できるのが魅力的だからです。
なのでその分ライバルが多いのがデメリットです。
だから無料サイトと有料サイトを自分なりに使い分けることで有効活用してみて下さい。

あと無料サイトと有料サイトをどうやって使い分けたらいいのかを紹介したいと思います。

有料サイトを主に使い、サブとして無料サイトを活用するといいでしょう。
本気の出会いを求めているのなら有料サイトがお勧めです。
無料サイトは無料で活用することが出来るので、機能としては有料サイトの方が優れているのです。
さらに会員数が多いので無料サイトは返信率が低いことも欠点だといえます。

だから総合的に見ると有料サイトの方が出会える可能性は大きいのです。
恋人・結婚相手を本気で探しているのなら有料サイトをメインに活用してみて下さい。
無料サイトを活用するのは空き時間に使いできるだけ沢山の好みの相手にメールを送信してみて下さい。

無料サイトを主にして、有料サイトをサブで活用する

既に紹介したモノとは間逆の活用方法だと言えます。
出会い系サイトにお金を使うのは嫌だという人にお勧めしたい方法です。
無料サイトというのは広告収入によりサイトが運営されています。
なのでサイトに登録すると沢山の広告メールが届く羽目になります。
だから登録するメルアドはフリーのメルアドにするようにしましょう。

いくつものサイトの会員になると広告メールの数もかなりの数になります。
普段のメールボックならメールが溢れてしまうでしょう。
だから必ずフリーのメルアドを用意して欲しいと思います。
フリーのメルアドは無料で作成することが出来ます。

無料サイトは会員数が多くライバルが多いのです。
だからなかなか出会うことが出来ません。
なので併用して有料サイトを活用するということです。
次の様に使い分けて欲しいと思います。

まず無料サイトは使う日数を定めて活用するようにしましょう。
1週間なら一週間と区切りをつけてその期間にメールの返信が届かないなら有料サイトに移るのです。
期限中に異性からメールが届いたらさらに次の期限まで活用するといった風にするのです。
有料サイトを使う場合はポイント制のモノを選びましょう。
使う分だけ料金がかかるので定額制みたいに無駄な金額を支払うことはありません。

いくつものサイトに登録する場合は有料サイトがオススメです

仮にいくつものサイトに登録したいと思っているのなら有料サイトに複数登録しましょう。
無料サイトだとどれだけ優良サイトであってもライバルが多くメールの返事があまりこないのでどのサイトも変わらないからです。
なので複数のサイトに登録して活用してもさほど効果がありません。
無料サイトは返信率が低いので偶然を待つしかないのです。

一定の割合で返事がこない無料サイトをいくつも活用しても効果は上がりません。
例を挙げると50のメールを送信し1通の返信があったとします。
しかし50のメールを2つの無料サイトを活用して送信したところで2倍になるとは限りません。
50通出しても100通出しても1通かも返事が来ないかもしれないのです。

だから無用サイトを飼うようするのなら口コミサイト・ランキングサイトをチェックして優良なサイトに一つだけ登録しましょう。
数が多いからといって確率が上がることはありません。

誰の場合でも出会い系サイトの目的というのは出会うことだと思います。
それは無料サイトでも同様です。
お金を支払うことで効果的に探すか、時間と労力を費やして相手を探すかだけです。

本気で相手を求めているのならその分対価を支払らう必要があります。
つまり有料サイトの場合はお金で無料サイトの場合は時間と労力を払うのです。

無料サイトのメリットは無料で活用できる点です。
なので時間があって労力をかけてもいいのなら出会うことが出来ると思います。
無料で活用出来るので損をする場合でも時間だけだと言えます。
有料サイトのサブに利用するならそれで十分なのです。