まじめな出会いをアシストする恋愛EDDA

彼氏・彼女が欲しい方、婚活がしたい方向けに、まじめな出会い系サイトを紹介しています。恋愛に奥手な人にもピッタリな真面目な出会い系サイトをアシストしていきます。

出会い系サイトを1つだけに絞った時のメリットとは

2013年1月28日 | Comment

あなたが現在活用しているまじめな出会い系サイト、もしくは優良サイトに登録して使い勝手がいいと思っているのならそのサイトを使い続けるのも一つの手です。
優良サイトは何も1つではなく幾つもの優良サイトがあるのです。
ですが全ての優良サイトを探して活用することは時間的にも金銭的にも不可能です。

ですが、自分のお気に入りの優良サイトが1つだけなら出会い系サイトを活用する時間を絞ることが出来ます。
いくつものサイトを併用して活用するより金銭的にもお得です。
活用するサイトを絞ることで嬉しいメリットがあるのです。

■サイトのキャンペーンを利用できる

ポイント制の有料サイトの場合時々キャッシュバック・ポイントプレゼントといったイベントがあります。
複数のサイトを活用している場合は日々全てのサイトを確認することは出来ずイベントを見逃すこともあると思います。

ポイント制のサイトの場合ポイントプレゼントやプロフィールの閲覧が無料となるといったサービスはコストを抑えることが出来る非常に嬉しいものです。
見逃したくないというのが大半の人の意見です。
あとキャンペーン期間の方が使う人が多いので出会いの確率も上がります。

プロフィールを充実させる

プロフィールというのは出会い系サイトにおいてもっとも注目される場所です。
例を挙げると女性にメールを送信し女性が返事をするか決定する要因はプロフィールにあるのです。
プロフィールが空欄ばかりだと返事はきません。

なのでプロフィールは一度書いたら終わりといったものではなく随時更新する必要があります。
あとプロフィールには何を書いたらいいのか分かりますか?

■自分をアピールすることが出来るプロフィール

出会い系サイトはサイトにより異なります。
サイト毎に様々な目的があり、その目的を理解した上でプロフィールを作成しましょう。
婚活目的のサイトであるのか、遊び相手を求めているのか、身体のみの関係が希望なのかでプロフの内容も違ってきます。

その点を踏まえて文章を書かないと相手からの返信は届きません。
婚活目的の女性相手に身体の関係をほのめかすプロフィールで上手くいくはずがないのです。
あと1行・2行といった短い挨拶程度の内容では返事は期待できません。

自分はどんな人間か名瀬サイトを活用しているのかを相手に知ってもらいましょう。

■プロフィールに嘘をつくのはNG

個人情報を記載するわけにはいかないのですが、可能な限り本当のことを書く必要があります。
所在地や仕事・学歴は嘘はいけません。
現実に会うことを前提としているので会った時に嘘がバレてマイナスイメージになります。

サイトをきちんと知る


活用するサイトを自分が気にっている優良サイトの1つに絞ぼると活用しているサイトの特色が分かってきます。
どのような人が会員なのか、何が目的でサイトを活用しているのか、活用する程理解することが出来るのです。

それに問い合わせをしてみれば、運営会社の対応を知ることが出来ますし実際に優良ばサイトか判断することが出来ます。
更に女性会員の実質的な活動状況も把握できてくるでしょう。

あと活用しているサイトが有名になり口コミサイト・ランキングサイトで評価されるようになります。
そしたらサイトの体験談に目を通すと別の角度からサイトを知ることが出来るのです。
他にもサイトの攻略方法がネットに紹介されている場合があります。

女性とスムーズにやり取りする

いくつものサイトを活用して女性とメール交換をするとタイミングを逃がす恐れがあります。
例を挙げるとあなたが送信したアプローチに対する返事が届いてもそのサイトを活用中でないと気がつくのが遅くなります。
その分チャンスを逃す可能性があるのです。
しかしながら複数のサイトに登録していると毎日全てのサイトを確認するのは大変です。

ですがサイトを1つに絞るとそんな心配は必要ありません。
女性からのメールを見るのが遅れることはありませんし相手のアプローチに即座に対応できます。
メールで出遅れるのは命取りですからね。

そして貴方が活用しているサイトが定額制の有料サイトの場合はさらに1つのサイトを使うメリットがあります。
定額料金支払うとあとは使い放題だから、別のサイトを活用するのは時間が勿体ないといえるでしょう。
さらに定額制のサイトでの場合でもイベントは存在するので見逃す心配もなくなります。
事前にどのようなキャンペーン・イベントがあるのかを確認してから登録するようにしましょう。