まじめな出会いをアシストする恋愛EDDA

彼氏・彼女が欲しい方、婚活がしたい方向けに、まじめな出会い系サイトを紹介しています。恋愛に奥手な人にもピッタリな真面目な出会い系サイトをアシストしていきます。

出会い上級者の参考にしたい、出会いまでの手順

2013年1月28日 | Comment

出会い系サイトを活用していると出会いの可能性がどんどん上昇します。
その理由は出会い系サイトにおいての出会える方法を習得することでスキルアップするのです。
初心者はなkなか出会うことが出来ませんが、上級者ならすぐに出会うことが可能です。

これから出会い系サイトにおいての出会いの方法について紹介します。
神奈川県に住む25歳男性の例です。

タイプの異性を検索する

検索の条件は地域検索・年齢検索で十分だと彼はいいます。
近くに住んでいて年齢は20歳〜25歳までの相手を検索します。
近くに住んでいる相手を条件にする理由は地元ネタをすることで親しみを感じてもらえるからです。
年齢は、自分よりも年下の相手がいいので20歳から25歳と設定しますす。
20歳から22歳くらいは学生さんが多くて23歳から25歳だと同じ社会人といった共通点があります。

最初のメールが重要です

相手にアプローチをする場合に事前に確認するのがプロフィールだと言えます。
ポイント制の出会い系サイトだとポイントが消費されてしまうのですがそれでも押さえておきたいポイントです。
プロフィールには沢山の相手の情報が記載されています。

次々にメールを送信するのではなくきちんと相手のプロフィールを確認してターゲットを定めましょう。
その方が絶対に返信率が高いのを理解していますか?

プロフィールで確認すべき点としては職業・趣味・自己紹介だと言えます。
ここでは相手が22歳のOLで趣味は小説を読むことだと設定します。

自己紹介には自分が嵌っていることや男性のタイプ、どんな目的でサイトを活用しているかが記載されているので双方の希望を照らしあわせみましょう。

相手の関心を惹くメールってなんだろうか

それでは最初のメールの内容になりますが相手の関心を惹く必要があるのです。
その為にはどのような文章を書けば相手は返事をしたいと思うでしょうか?

1つ目に相手の趣味の話。
2つ目に今嵌っているモノについて。
3つ目に職業に関すること。
上記の順番だと言えます。

■しかしそうは言っても一番最初は挨拶からスタートします。
挨拶はきちんとする必要があります。

■そして次は自己紹介をしましょう。
もし相手に聞きたいことがあるのなら自分がどんな人間なのかをきちんと記載しておく必要があります。
詳細はプロフィールで確認して下さいと付けたし、名前や年齢メールの目的くらいを書いておきましょう。
あまり長い自己紹介は相手は読むのが面倒だと思ってしまいます。

あとどうして相手にメールをしたかの理由も記載しておきましょう。
全く知らない相手から目的も分からないメールが届いたら相手だって警戒します。

ですので「近くに住んでいる新しい友だちを見つけたくて検索をしてメールしました。
プロフを見て同じ年齢で小説が好きと知り話をしてみたいと思ったんです。」

こんな風に短い文章の中で自分の所在地と年齢が同じだと分かり共通点が多いから親しみを感じてもらえると思います。

あとはプロフィールを確認しているアピールと小説好きという共通点があります。
小説好きな人は余程のマニアックな趣向でない限り、ヒット作は読んでいます。
好きな作家さんの話・読んだ本で共通のものがあればそれをネタに話が盛り上がります。
もし読んだことのない作家さんのファンだとしてもお勧めの小説を尋ねてみるのも話題作りになります。

■文章の終わりは

文章の終わりは相手の女性が返事をしやすいように質問で締めるといいでしょう。
先ほどの文章を例にすると「〇〇さんがファンの作家の作品は読んだことないんだけど、良かったらオススメの本を教えて下さい。」
そんな風に書かれていたら相手は多分返事をしたくなると思います。

メール交換

メール交換する場合は相手の興味のある内容に会話を持っていきましょう。
当然趣味に関してもそうですが、あとはサイトを登録した目的や中華街・横浜といった観光スポット。
休日は何をしているかなど地元ネタは特に盛り上がりますよ。

中でも他の地域に住む人は知らないような穴場スポット・地元の人だけあ知る美味しいお店について話してみましょう。
年齢が違い場合は似たような場所に興味を示すと思います。
もし知らないお店・場所の場合も土地勘があるから「あの場所の近く?」と会話を続けることが出来ます。

デートの約束

デートの約束をする場合地元というのを最大限に利用しましょう。

■地元の人がよくしっているスポット(複合施設・人気のレストランやカフェ)
そのスポットの話題をしてみるといいでしょう。
仮に相手が知らなくても問題ありません。

■相手の生活環境を考慮しましょう。
年齢からしたら新人の会社員だと思うので日々仕事で大変な生活だと思います。
休日に知らない相手と会いたいと思うでしょうか?

なのでそんな場合は次のような誘い文句で誘って下さい。
「美味しいって評判の○○ってレストラン行ったことある?
この間知人が行って良かったと勧められたんだ。
もし良かったら金曜日の夜に一緒に行かない?」
メール交換によってはもっと積極的に誘う感じでもいいかもしません。

この際重要なのは
1)同じ県に住んでいるから仕事が終わってから気軽に会える点。
2)休日は出歩きたくないと思うからといった相手への気配りと週末のハイテンションで金曜日の夜に約束を取り付けること。
当然最初から「会おう」というのは難しいのでメール交換で出会いを匂わせるようにしましょう。

そんな風に誘うと女性も会ってくれるかもしれません。
プロフィールを確認して相手の状況を把握し会話を進めれば出会うことは可能です。
相手に気を配り理解して接する姿勢が重要です。