まじめな出会いをアシストする恋愛EDDA

彼氏・彼女が欲しい方、婚活がしたい方向けに、まじめな出会い系サイトを紹介しています。恋愛に奥手な人にもピッタリな真面目な出会い系サイトをアシストしていきます。

某大手のSNSでも出会いの切っ掛け多し

2013年1月28日 | Comment

出会い系サイトとサクラは切っても切れない関係ということが出来ます。
出会い系サイトの他のコミュニティーサイトにおいてはサクラは存在するのでしょうか?

現実にはサイクというのは出会い系サイト限定ではないのです。
沢山の人が活用するSNSサイトにもサクラは存在して男性たちをターゲットにしています。

なので出会い系サイトじゃないから心配しなくていいということはないのです。
それではSNSサイトに存在するサクラについて紹介しますので役立てて下さい。

会員のフリをして男性を騙す

SNSサイトというのは同じ趣味や近くに住む人といった様々な人を交流をはかることが出来ます。
その点がSNSサイトの魅力であり楽しみだと言えます。

SNSサイトを活用していると女性からコンタクトをしてくる場合も少なくありません。
女性からアプローチをしてもらうkとおは男性からすると非常に嬉しいのです。
男性から女性へはアプローチしにくいと思っている人も多いと思います。

「〇〇のコミュニテーに所属してます」「私は〇〇について詳しく知りたいから教えてくれる?」という風に声をかけてきた相手の中にサクラがいる可能性もあるのです。
サクラというのは男性の心理を見抜いているのでSNSサイトにおいても簡単に男性を手玉にとります。

しかし理解できない点はSNSサイトは無料で活用することが出来るサイトです。
それならお金が関わっていないのに何故サイトにサクラが存在するのでしょうか?

SNSというのは出会いのきっかけに過ぎないのです

悪質な業者はサクラを使い沢山の会員を他のサイトから誘導するのです。
サクラは会員を沢山増やすと沢山給料がもらえます。
なのでサクラはSNSサイトを活用し男性を自分の所属する出会い系サイトに誘導します。
だからポイント制のサイトでなくてもサクラはいると覚えておいて下さい。

男性だって馬鹿ではないのでいきなり出会い系サイトに誘われたらサクラだと分かります。
メッセージにURLを記載しておいても誰もクイックしたりしません。

なのでサクラはゆっくり時間を使って男性からの信頼を手にいれます。
1ヶ月から2ヶ月くらい交流をはかり信頼関係が築けたら目的のサイトに誘うのです。

初めは趣味に関する話をして人気のスポットや芸能ニュースについてなど雑談をします。
そんな会話で相手をサクラを見抜ける人は存在しません。

その後男性との間に信頼関係を作ることが出来たら男性に次のように伝えるのです。
「この間サイトを活用してたら嫌な人に会っちゃった。他のサイトで話をしない?」
男性は相手を疑うことはありません。相手が指定するままにサイトに訪れるのです。

誘導されたサイトは、有料出会い系サイトで普段どおり話をしていたら高額の請求が届く羽目になります。

時間をかけて騙す価値がある

出会い系サイトで相手を騙す方法と異なりサクラからしても勧誘は時間と労力がかかります。
その上相手が騙されるとは限らないのです。
サクラが時間を使ってするからには多少の見返りがあると思います。

サクラというのはそれで給与を得ているので、誘導先のサイトはかなり料金システムが高額なのです。
常識で考えると無料でSNSサイトを活用しているのに他に有料のサイトに登録しようと思うはずがありません。
普通ならおかしいと思うはずなのです。

しかしサイトに誘導された時点では相手の女性と信頼関係が成り立っています。
女性がサクラとは思ってもいないのが狙い目なのです。

あとSNSでの交流の最中にサクラは男性に興味があるフリをします。
その場合男性は少しくらいお金がかかっても相手との関係を続けたいと思うのです。
その気持ちが高額なサイトの会員になる動機です。

URLが届いたら要注意

この長期戦でのサクラの行為をどうやって対策したらいいのでしょうか?
答えは明確です。他の対策と同様にURLをクリックしないということです。

たとえ相手ど長い期間メール交換をしていても完全に相手を信頼してはいけません。
現実に会って親睦を深めているなら問題はありませんがネットだけの間柄なら常に警戒心を持っていましょう。

当然のことと思うかもしれませんが女性がSNSで嫌な相手に会うことはあります。
ですが他人を有料のサイトに誘うのは不自然です。
もしそんな場面に出くわしたら相手との関係を絶つ勇気を持ちましょう。